デコボコ肌の原因

「デコボコ肌の原因」と「ニキビ跡の種類別」治す方法

それ、ホントにデコボコ肌?デコボコ肌の原因と治す方法

 

湘南美容外科クリニックのフラクショナルCO2レーザーでデコボコ肌を治した私ですが、意外にもデコボコ肌ではないのに、そう思っている方が多いので、デコボコ肌の原因と治す方法についてお話します。

>>私のフラクショナルCO2レーザーの体験談はこちら

 

デコボコ肌の原因

 

デコボコ肌の原因は、ニキビの扱い方にあります。

  • ニキビをオロナインなどで、間違った方法でケアしてしまった
  • 無理に潰してしまった

こうして正しくケアされなかったニキビはデコボコ肌の原因、ニキビ跡となってしまいます。

 

「治しやすさ」で見るニキビ跡のタイプ

ニキビ跡にも治しやすいものと自宅ケアではほぼ治らない「治しにくいもの」があります。

  • 治りやすいニキビ跡…赤みをおびたもの、色素沈着しているもの
  • 自宅では治らないニキビ跡…私と同じクレーターになっているもの

ニキビ跡の種類


 

ニキビ跡の赤みと色素沈着を治す方法

ニキビ跡の種類としては初期段階と言える、赤みや色素沈着。

どちらもお肌の表皮で起こっているため、肌をキレイに保ちターンオーバーを活性化することで治っていきます。
この段階はまだ私のような「デコボコ肌」ではありません。

 

クレーター状になったデコボコ肌を治す方法

クレーターのようにデコボコになっているものはニキビ跡の最終段階。

残念ながら自宅で自力で治すことはできません。

「赤み」と「色素沈着」が表皮のダメージなのに対して、このデコボコは表皮よりさらに奥深くにある真皮層までダメージが及んでしまっています。

ニキビ跡で見る肌へのダメージ


 

表皮のダメージであれば、ターンオーバーとともに治っていくのですが、真皮層は通常ターンオーバーが行われないため自宅でできる対策では治せません。

じゃあどうしたらいいのか、ということになりますが、ここで今回私が決意した「レーザー治療で治す」という方法が活躍してくれるのです。

真皮層にまで及んだダメージは美容外科でレーザー治療をするのが最も効果がある、と言われています。

 

私の場合は、このクレーター状になったデコボコ肌です。

ここまでニキビ跡がひどい場合には自宅で治すことは不可能なので、フラクショナルCO2レーザーを受けることに決意しました。

私がフラクショナルCO2レーザーをうけた時の話を、事細かく体験談としてまとめましたので、よければご覧ください。

私の施術前と施術後(デコボコ肌が治ってから)のお肌も載せています。

 

体験談と写真を見る

ホーム RSS購読 サイトマップ